Search results: "1"

出張マッサージに癒やされました

マッサージが好きなので普段からよくマッサージサロンに通っています。仕事帰りや休日にマッサージを受けると生き返ったような気分になれて、また明日からも頑張ろうっていう気持ちになれるんですよね。でもこないだ東京に出張したとき、出張マッサージなるものがあることを知って興味を惹かれました。わざわざサロンに通わずともホテルの部屋でマッサージを受けられるって最高じゃないですか?だから早速利用してみることにしました。
セラピストさんがホテルの部屋に到着したのは、電話で予約をしてから30分後のことでした。もっと時間がかかると思っていたので、すぐに来てくれたのはありがたいことです。今回は120分のオイルマッサージのコースを選んだところ、前半はじっくりと全身の筋肉をほぐしてくれました。さらに後半は首と肩の部分を念入りにマッサージしてくれ、おかげで持病の肩こりがすっきり解消されました。こんな本格的なマッサージをホテルの部屋で受けられるなんて本当に素晴らしいです。
これまではもっぱらサロンに通ってマッサージを受けてきましたが、これからは出張マッサージも積極的に利用してみるつもりです。マッサージ好きなら出張マッサージは試してみる価値があると思います。

ホームに戻る

リンパマッサージを受けるなら出張マッサージを依頼してみよう

店舗型マッサージ店で受けるリンパマッサージは、とにかく痛くて思わず叫んでしまう人が少なくありません。周囲に痛がる様子を聞かれて恥ずかしい思いをしたことがあるなら、リンパマッサージに対応したセラピストを出張マッサージで依頼してみると良いです。なぜなら、出張マッサージは施術時間を90分や120分と長めに取ることが出来るので、予算が許す限り長めに時間を取ってセラピストに本来のリンパマッサージをしてもらうと印象が変わるからです。リンパマッサージは、静脈に並行して走るリンパに溜まったリンパ液を股関節などにあるリンパ節へ流し込むことで、老廃物を体外に排出する役割を手助けするものとなっています。このため、本来はリンパ節へゆっくりと優しくリンパ液を移動させて流し込むことになりますが、店舗型マッサージ店では30分や60分という短い時間で布越しに行わなければなりません。すると、優しくマッサージ強度を確認しながらの施術が出来ないために、多少強引に行う結果としてリンパマッサージが痛いものとなってしまうわけです。老廃物が溜まりやすい人ほど痛みが強くなるので、痛みに弱いなら出張マッサージを依頼してリンパマッサージをゆっくり行ってもらうと良いです。

ホームに戻る

タイ古式マッサージに対応した出張マッサージ

多くの人が思い描く出張マッサージは、オイルマッサージのみを行うシンプルなタイプです。しかし、出張マッサージの世界はセラピスト同士の過酷な顧客争奪戦の結果として、リンパマッサージやタイ古式マッサージに対応した複数の施術が出来る実力者へ人気が集中しています。出張マッサージ店では集客を行った結果として、セラピストになるべく均等に集客が集まるよう案内により分散させます。一方で人気と実力を兼ね備えたセラピストは、既に自らの顧客を抱えているので予約が既に埋まっているケースが少なくありません。中でもタイ古式マッサージに対応しているセラピストの人気は高く、出張マッサージならではの事情が見え隠れしています。
タイ古式マッサージは、全体重を乗せた足踏みによるマッサージを多用しています。店舗型マッサージ店ではマッサージ台上部に手すりが設置されていて、懸垂に近い状態によりマッサージにかける体重をセラピストがコントロール可能です。一方、滞在先ホテルでタイ古式マッサージを行う場合には、天蓋ベッドが完備されていない限りは掴まる場所がベッド上に無いために、基本的に体重が軽いセラピストしか出来ません。セラピストを選ぶ際に容姿端麗な女性を狙うなら、タイ古式マッサージに対応したセラピストにすれば良いわけです。

https://www.tokyo-ravijour.com/pag12/